灯が消えた日 ( インコ )

残念なお知らせ。

今年の四月七日の日から、

オイラの家族の一員だった、

セキセイインコのチュンちゃんが、

先程、息を引き取りました。

今日の夕方までは、

元気にしていたのですが、

呼吸が苦しくなり、

オイラの掌の中で、

眠る様に、息を引き取りました。

ヒナから飼育して、

ようやく、

自分の名前が言える様になって、

最近では、

『こっち、こっち、こっち』

と、

動画の真似をするようになったばかり。

放鳥すると、

いつもオイラの側に居て、

言葉を覚えようと、

耳を傾ける、チュンちゃんは

もう居ません。

もう少しで、三ヶ月になろうとしていたのに、

辛い出来事となりました。

いまは、

仕事が忙しく、

次のインコとはいかないのと、

自分の手の中で、

亡くなった事の方がショックでした。

儚い命でしたが、

約三ヶ月と言う間でも、

オイラには、

かなり癒されました。

仕事と、気持ちが落ち着いたら、

また、新しいインコを迎える予定です。

いまは、

ご冥福を祈ってあげて下さい。

チュンちゃん、

少しの間でも、

オイラと娘に、

癒しの時をくれた事に感謝します。

何も、してやれなくて

ごめん。