ストレスをためない癖をつけるオンオフ切り替えと3つの思考

ストレスためずに人生の良い思い出をためようお後がよろしいようで人生の永遠のテーマストレス今回は自分が今まで生きてきた過程での考えを投稿します。と、とある代弁者の本をグッドタイミングで見つけ

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

今回はストレス

自分も今まで散こいつと付き合ってきました()

こいつにより、何度眠れぬ夜を過ごしたか?

こいつにより、何度朝まで大好きな酒を飲んだことか?

こいつにより、何度と思ったことか?

ちなみに

この歳になり、色な方と接する機会があり、

お陰様で少なからず人生後半戦人には

恵まれ感じた事。

できる人ほど、ストレスとうまく付き合っています。

ストレスをためないためには、

ストレスをためない生き方を意識する、

ストレスをためない考え方をすること、

ストレスをためない方法をちゃんと把握する。

そして

ストレスをためない生き方、それはズバリ自分に自信を持つことです。

ストレスをためない3つの思考

ここからは、あくまでも個人的見解です。

1、自分なりのストレス解消方法を持っている

これ大事!

私の場合、オンとオフを瞬時に大胆に切り替えることに意識してから、

ストレスが中途半端にではなくオフにするときは徹底的にオフ。

オンの時は徹底的にオンにするということでほぼストレス0

例として

嫌なことがあったときはとにかく飲む、寝る、そして食べる

また、逃げ込むための第三の場所を持っている。

人によっては、衝動買い、カラオケ歌う等、

自分にはこれだということが分かっていること

2、愚痴を言える相手がいる

生き方が全く異なる中学高校時代の友人や、

良好な関係の家族、少し離れた親戚、前の職場の同僚など。

利害関係がなくて、自分の話を軽く聞き流してくれる相手の存在。

あなたはお持ちですか?

3、自分を褒めるストレスは解消するより活用する

この前もなんとか出来たじゃないか、今度もなんとかなる

前もこんなことがあったけど、乗り越えられたから大丈夫

と思うことが出来、更に自分自身に自信を持つことが出来る。

あなたは逃げ込むための第三の場所お持ちですか?

これはスターバックス的にいうと、

サードプレイスですね

行き詰まったら、山籠り

以下、スノーピーク代表取締役山井太氏コメント

自然の中でこそ人間性を回復できる

ストレスを感じているなんて言ったら、

社員からツッコミが入るでしょうね

新潟県三条市の本社敷地内にキャンプ場を設け、

顧客だけではなく、私や社員もテントを張って一夜を過ごし、

そのまま出社、なんて日もありますぢ

社員採用の際もアウトドア大好きが絶対条件

更に社長コメント

私が仕事に追われ辛かった時期、救ってくれたのは自然でした。

子供の頃からキャンプや釣りに親しんできましたが、

仕事に忙殺されていたときは遠ざかっていた。

今は自分のペースがありますが、それでも辛くなると3日くらい、

1人で山に籠もります。やはり、自然との触れあいは大事です。

共感

誠に恐縮ですが、この記事投稿している際、

何か、昔それも大昔就職1年生時に、

当時の上司に

はあ〜〜〜〜

思い出してしまい笑

はらわた煮えくり返りまくり

ストレスぶっ溜まり

人生色

それが血となり肉となり

お後がよろしいようで笑

続きはこちらから

http://f-prodactcom/stress-free/